ついに出た!4Kデジタルサイネージ!!

家庭用テレビでは4Kも販売されていましたが、交通広告のデジタルサイネージでもいよいよ2015年4月6日にお目見えする。阪急梅田駅3階改札前の柱面にデジタルサイネージ24面を新設。大きさも84インチで大迫力!さらに4Kで鮮明な映像表現力で注目度もUP。
また、パナソニックの新世代画像処理技術アップコンバート機能により、4K解像度に満たないフルハイビジョン映像、PC信号なども高画質へ変換。さらに映像のブレを抑えて滑らかに補正されるそうです。

 

 

【阪急デジタルサイネージ 4K・3階コンコース】

hankyu_umeda_i

※写真はイメージです。

hankyu_ekizu_i

設置場所:梅田駅3階改札外コンコース 柱面
画面仕様:84インチ液晶縦型ディスプレイ 1,047×1,860㎜
画面解像度:2,160×3,840ピクセル(4K)
設置面数:24面(7柱)
放映時間:5:00~24:00
放映期間:1週間(月曜日スタート)
放映料金(1社買切り):1週間\3,000,000-(税別)
放映料金(単枠):1枠/15秒(3分1ロール) 1週間\320,000-(税別)
放映開始日:2015年4月6日~
【出典】株式会社阪急アドエージェンシー

※申込みスケジュール、放映パターン、入稿仕様などの詳細はお問い合せ下さい。


ちなみに東京でも、2015年4月に西武鉄道池袋駅で4Kディスプレイが登場します。

詳細など判明しましたら、掲載できればと思います。(キョウエイオンライン編集部)

トップへ戻る