「その電車、どこまで走るの?」 直通運転を徹底解説!

 

自社路線にとどまらず他社路線へも乗り入れた運行をする「直通運転」

 

asakusa_keisei

主に、都心部の地下鉄と郊外を走る電車とが一体となった運行で、各所へのアクセスを容易にしてくれていますね。 

国内における直通運転の歴史は古く、なんと明治時代までさかのぼります。

現存する直通運転の最古は「都営浅草線⇔京成線」で、1960年(昭和35年)から続いているんです。

 

 

ところで直通運転は、大きく分けて2パターンあることを知っていますか?

互いの電鉄の車両を、双方の路線へ乗り入れるものを「相互乗り入れ(相互直通運転)」

一方的に相手の電鉄路線へ乗り入れるものなどは「片乗り入れ(片方向直通運転)と言います。  

 

sshinkeisei

〈新津田沼駅を発車する、千葉中央駅行きの新京成車両〉
片乗り入れの例は意外と少なく、首都圏では後述の「新京成線→京成線」で実施しているのみです。

 

 

kotakemukaihara 

〈東京メトロ有楽町線・副都心線、東急東横線(みなとみらい線)、西武池袋線、東武東上線の車両が相互乗り入れで発着する小竹向原駅〉

5路線分の行先があり、日本有数の初見泣かせの駅とも言えますね。

 

ではここからが本題、首都圏の主な直通運転範囲を解説していきます。 

 

 

JR川越線・埼京線~りんかい線

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

JR線・りんかい線の両車両が、川越~大宮~大崎~新木場を走行しています。

 

 

 

新京成線→京成千葉線  ※片乗り入れ

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ

片乗り入れのため、新京成線の車両は松戸~京成津田沼~千葉中央まで乗り入れますが、京成線の車両は京成津田沼~ちはら台間のみ走行し新京成線側には乗り入れません。 

 

 

 

東京メトロ日比谷線~東武スカイツリーライン

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 
東京メトロ日比谷線・東武スカイツリーラインの両車両が、南栗橋~北千住~中目黒を走行しています。

東武車両は、日比谷線直通の専用車両を使用します。 

 

 

 

東急田園都市線~東京メトロ半蔵門線~東武スカイツリーライン

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線・東武スカイツリーラインの車両が、南栗橋/久喜~押上~渋谷~中央林間を走行しています。

東武車両は、半蔵門線直通の専用車両を使用します。 

 

 

 

JR中央・総武線各駅停車~東京メトロ東西線~東葉高速線

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

東京メトロ東西線車両はJR・東葉高速と相互直通運転を行い、三鷹~中野~西船橋~津田沼/東葉勝田台を走行しています。
なお、JR車両は西船橋まで、東葉高速車両は中野駅までの運行です。 

 

 

 

小田急線~東京メトロ千代田線~JR常磐線

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

小田急線車両・東京メトロ千代田線車両は、JR側は取手駅まで走行します。
小田急側では、東京メトロ千代田線車両・JR車両は唐木田駅まで乗り入れます。

 

 

 

西武池袋線/東武東上線~東京メトロ有楽町線

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

西武車両・東武車両ともに、東京メトロ有楽町線・新木場まで乗り入れます。
有楽町線車両は、西武線側は飯能まで、東武側は森林公園まで走行します。
一方、西武車両は和光市以北の東武線側には乗り入れず、東武車両も小竹向原以西の西武線側には乗り入れません。

 

 

 

西武池袋線/東武東上線~東京メトロ副都心線~東急東横線~みなとみらい線

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

西武池袋線・東武東上線・東京メトロ副都心線・東急東横線・みなとみらい線の5路線の車両が、飯能・森林公園~小竹向原~渋谷~横浜~元町・中華街まで乗り入れます。
ただし、有楽町線と同様に西武車両は和光市以北の東武線側には乗り入れず、東武車両も小竹向原以西の西武線側には乗り入れません。 

 

 

 

東急目黒線~東京メトロ南北線~埼玉高速鉄道線

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

埼玉高速鉄道・東京メトロ南北線・東急目黒線の車両が、浦和美園~赤羽岩淵~目黒~日吉を走行しています。

 

 

 

東急目黒線~都営三田線

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

東急目黒線は都営三田線とも直通運転を行っており、双方の車両が西高島平~目黒~日吉を走行しています。

 

 

 

京急線~都営浅草線~京成本線・成田スカイアクセス線・北総線・芝山鉄道線

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

【京成車両】:北総線・浅草線・京急線を経由して西馬込・羽田空港まで運行しますが、京急蒲田以南へは乗り入れていません。また、芝山鉄道線を経由し芝山千代田まで走行しています。北総線・成田スカイアクセス線経由の車両は特急料金不要の「アクセス特急」として、主に羽田/成田両空港へ乗り入れます。

 

【北総車両】:京成線・浅草線・京急線を経由して押上・西馬込・羽田空港まで運行しますが、京急蒲田以南へは乗り入れていません。また、芝山鉄道線や京成線経由の高砂~成田空港間、印旛日本医大~成田空港間は乗り入れません。

 

【芝山鉄道車両】:京成線内は京成成田駅・京成上野駅まで、浅草線経由で西馬込まで乗り入れます。一方、泉岳寺以南の京急線ヘは乗り入れません。

 

【浅草線車両】:泉岳寺以南は羽田空港・新逗子・三崎口まで、押上以北は印旛日本医大・成田空港まで乗り入れます。

 

【京急線車両】:浅草線・京成線・北総線を経由して、成田空港まで乗り入れます。

 

 

 

京王線~都営新宿線

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

都営新宿線と京王線の車両が、橋本・高尾山口~新宿~本八幡を走行しています。
ただし、都営新宿線車両の京王線側への乗り入れ先の大半は橋本で、新宿~笹塚間は京王新線(新線新宿・初台・幡ヶ谷・笹塚)を経由します。

 

 

 

直通運転は良いところばかりではない ! ?

 最後に、直通運転のメリット・デメリットを考査してみます。

 

【メリット】

kudanshita

・目的地まで乗り換えなしでいけるので、所要時間が短縮できる

・混雑した駅を回避できる
  【例】 西武池袋線沿線から渋谷駅へ向かう場合、JR池袋駅→JR渋谷駅のルートでなくとも行ける

・アクセスがしやすくなるので、従来の沿線ユーザー以外からの利用者増が見込める
  

 【デメリット】

キョウエイアド 交通広告 乗り入れ 乗入れ 相互乗入れ 直通運転 相互乗り入れ 

・いずれかで運行支障が出ると、広域で影響を及ぼす

・行先が増えるので、どこ行きの電車なのか分かりにくくなる

・アクセスが容易ゆえ、〇〇に行くにはこの路線!というイメージが付きにくくなっている

 

 

筆者は西武池袋線⇔副都心線のユーザーで、オフィスの最寄りである新宿三丁目駅までは電車1本で通勤できるため、日々直通運転の恩恵を受けています。
その反面、はるか遠い東横線内のトラブルで西武と東京メトロの直通運転が中止され、迂回して帰宅せざるを得なかった経験もあります。

 

良いところ悪いところはあれども、利用する側にとっては利便性の向上は非常に大きなメリットと言えますので、今後さらに他路線でも拡大していくことを期待したいですね!

 

 

 

※路線名は通称で記載しており、一部記載を省略しています

※特記の無いものは相互直通運転です

※スカイツリーラインは、東武伊勢崎線の内、浅草駅・押上駅―曳舟駅―東武動物公園駅間の愛称です

トップへ戻る